スプレッド

外国為替証拠金取引でレバレッジと同様によく耳にするスプレッド。FXをする上でスプレッドの意味を把握しないまま取引することはとても危険な事です。スプレッドとは取引コストの一種で取引手数料の他にかかるべきコストで、分りやすく説明すると外貨を購入する時や売却する時の為替レートの差額です。外国為替業界ではこの外貨購入レートを「Ask」、売却レートを「bid」と呼び、それぞれ買い気配値、売り気配値とも呼ばれることもあります。またこのスプレッドの値は狭ければ狭いほどあなたには有利になります。かつては外国為替取引のスプレッドは米ドル/円で5銭〜6銭の幅で提供する業者がほとんどでしたが近年のFXブームで取引高が増えたことによりスプレッド0.5銭や、その上のスプレッド0銭の業者が続々でてきました。今日のFX業界では手数料無料は当たり前でいかにこのスプレッド幅を抑えるかが利益を大きくする重要なポイントとなっています。また、対円のスプレッド単位は「銭」ですが、ユーロドルやドルスイスなど外貨同士の通貨の場合は「pips」や「ポイント」などで表すことが一般的となっています。スプレッドはFX業者により異なっており、通貨ペアによってもスプレッド幅は違ってきます。あまり取引されないマイナー通貨ほどスプレッドの幅は広くなります。FX取引業者を選ぶときはあなたが取引したい通貨ペアのスプレッドを重視してみましょう。スプレッド比率比較ページ

用語一覧

ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行
A〜Z

遂に45万口座突破!1,000通貨対応の外為オンライン




FX会社一覧

new!!新着情報

今月のFX特集

FX会社TOP3!

詳細はコチラ

FX会社を比較

FX初心者入門講座

FX取引の通貨について